1.現在の活動

 現在の会員数は100余名です。以前に比べると会員数は減っていますが、その中でより活性化できるようにと考えながら活動をしています。

 「自然観察展」や美術工芸展から名前を変えた「芸術展」は、長く継続している活動です。19年度からは、小中学生対象の「英語教室」が始まりました。また、20年度には、「平和の鐘を鳴らそう」を始めました。

2019年9月22日 The Big Draw in Kyoto

2019年10月 第59回京都ユネスコ「自然観察展」

 京都ユネスコ協会会員相互の研修と親睦を深める為には、総会後の講演会や懇親会、新年初顔合わせ会(新年会)を行っています。

 毎年開催される「日本ユネスコ運動全国大会」や「近畿ブロックユネスコ研究会」に参加して、他の地域の自然や文化と接して、ユネスコ活動をする仲間と交流・親睦を深めています。

 近年の具体的な活動については、この後の「事業報告・事業計画」や活動報告のサイトをご覧ください。

2.現在の協会の構成

(1)運営役員名

2020年7月4日現在

役職氏名備考
顧問西脇 隆俊 京都府知事
門川 大作京都市長
名誉会長森田 嘉一京都外国語大学理事長・総長
相談役馬場 利一株式会社不二家商事会長
会長相 大二郎一燈園・燈影学園 名誉学園長
副会長武田 道子武田病院名誉病院長
前田 久夫元京都外大西高等学校教諭
常任理事新木 直人世界遺産・賀茂御祖神社(下賀茂神社)宮司
内田 俊一国立京都国際会館館長
熊谷 俊樹日本国際連合協会京都本部理事長
杉山 勉元京都橘中学校高等学校中学教頭
長野 博会社員 元青年ユネスコ会員
西川 昭寛GUILD of St GEORGE Companion
福永 法弘「株式会社京都ホテル」代表取締役社長
江木 継子元びわこきらきらこども園園長
理事在田 正秀 京都市教育委員会教育長
稲田 昌子アール・デコ主宰
王 清一三越土地株式会社会長
韓 昌祐株式会社マルハン会長
田中 安比呂世界遺産・賀茂別雷神社(上賀茂神社)宮司
塚本 能交株式会社ワコールホールディングス会長
荒木 美弥子NHK京都放送局局長
南 明男京田辺国際交流協会会長 元学生ユネスコ会員
橋本 幸三京都府教育委員会教育長
監事小林 祥造桃薗食糧小林米殻店 西陣中央教室進学塾 下鴨松ノ木町駐車場
吉田 昌子立命館大学名誉教授
常任理事 事務局長加藤 功治株式会社加藤商店会長

(2)事務局の所在とスタッフ

〒601-8004 京都市南区東九条東山王町27 元京都市立山王小学校内
Tel. 075-632-9925
Fax  075-632-9925
E-mail kyoto@unesco.or.jp
事務局スタッフ:事務局長 加藤功治 事務担当者 江木継子 木下富美子
執務時間:平日13:30~16:00

アクセス:京都駅八条口徒歩5分


(3)2019年(令和元年)度の事業報告

月・日内 容場所  等
4月 6日理事会元山王小学校 事務局
4月13日19年度英語教室 開講事務局 以後月に2回
6月 2日近畿ユネスコ協議会委員会大阪  1月26日は奈良で
5月18日日本ユネスコ協会連盟評議員会東京 大手町サンスカイルーム 以後2回
6月 1日総会 講演会 懇親会ウエスティン都ホテル京都
6月15日日本ユネスコ協会連盟総会東京 大手町サンスカイルーム 欠席
6月30日近畿ユネスコ協議会総会奈良市 
8月21日ミニレター 発行 
8月29日常任理事会事務局
9月 7日
9月 8日
ユネスコ運動全国大会東京豊島区 目白小学校
9月 8日「孫文と梅屋庄吉」のお話東京 日比谷公園 松本楼 
9月22日 Big Draw写生会府立植物園
10月 5日
10月 6日
近畿ブロックユネスコ活動研究会堺市 総合福祉会館
10月16日日ユ機関誌「ユネスコ」発送  
ミニレター発行
 
10月24日自然観察展作品受付 搬入 
10月25日     審査元山王小学校 体育館
10月26日
10月27日
     展示 
11月 4日日ユ全国大会(21年)準備委員会大阪 以後12/14 2/9
11月10日自然観察展表彰式元山王小学校 体育館
11月17日京都ユネスコスクールESD交流会(後援)上賀茂神社
12月13日常任理事会事務局
1月19日ラスキンシンポジウムの
  Big Drawの写生会共同作品を展示
京都造形芸術大学
1月17日機関誌 発行 (日ユ機関誌「ユネスコ」同封) 
2月22日新年初顔合わせ会国立京都国際会館 スワン

9月22日の「Big Draw写生会」は前年度の京都造形芸術大学で行いました芸術展に代わる新規事業です

(4)2020年(令和2年)度の事業計画

月・日内容場所等
4月11日理事会事務局 コロナウィルスの為中止
4月 日本ユネスコ協会機関紙「ユネスコ」発送
ミニレター発行

4月26日近畿ユネスコ協議会委員会奈良 以降3回開催予定
4月はコロナウィルスの為中止
5月16日日本ユネスコ協会連盟評議員会東京 大手町産スカイルーム 以降2回開催予定
5月はコロナウィルスの為中止
5月30日総会 懇親会京都ホテルオークラ
コロナウィルスの為中止
6月20年度英語教室 開講事務局 以降月に2回
6月 6日近畿ユネスコ協議会総会奈良
6月13日日本ユネスコ協会連盟総会東京
7月 4日ユネスコ運動全国大会山口県宇部市
コロナウィルスの為中止
7月理事会事務局
8月15日平和の鐘を撞こう京都文教大学 宇治キャンパス
10月 日本ユネスコ協会機関紙「ユネスコ」発送
ミニレター発行

10月17日近畿ブロック研究会西宮市
10月自然観察展作品受付
       審査
       展示
元京都市立山王小学校 体育館  中止
11月自然観察展表彰式中止
11月Big Draw 写生会
11月ユネスコスクールESD交流会(後援)上賀茂神社
12月常任理事会事務局
1月新年初顔合わせ会
1月機関紙 発行
(日本ユネスコ協会機関紙「ユネスコ」同封)


※今年度の事業については新型コロナウィルス感染症の発生状況により変更、中止になります。

「平和の鐘を撞こう」は新事業です。京都文教大学で大学関係者や地元の方と一緒に行う予定です。

(5)会則

京都ユネスコ協会会則

第1条[名称]

 本会は京都ユネスコ協会と称し、事務局を京都市南区東九条東山王町27 元京都市立山王小学校に置く。

第2条[目的]

 本会はユネスコ憲章の精神に従い、教育・科学・文化の諸活動を通じて、国際理解を深め、国際的な協力に参画し、世界平和に貢献できる力を養成し、さらに会員相互の親睦を図ることを目的とする。

第3条[事業]

 本会は前条の目的を達成するため、次の事業を行う。

 1.ユネスコ活動に関する理解を深め、普及をはかる諸企画・諸事業

 2.日本ユネスコ国内委員会並びに日本ユネスコ協会連盟の企画する諸事業への協力

 3.関係諸団体、他協会との連携、相互の協力

 4.広報活動を行い、『京都ユネスコ』など、刊行物の出版、交換

 5.その他、活動の目的達成に必要な行事や事業

第4条[会員]

 本会の会員は本会の趣旨に賛同、所定の会費を負担し入会手続きをしたものとする。

第5条[会費]

 会費は2020年6月以前入会の旧会員と2020年7月以後入会の新会員の2通りとする。

1.旧会員の会費は次の5種別とし、それぞれの会費を負担する。

   特別維持会員         年額 25,000円

   維持会員              13,000円

   賛助会員               9,000円

   普通会員               5,000円

   学生会員               2,500円

2.新会員の会費は次の4種別とし、それぞれの会費を負担する。

   法人会員           年額 30,000円

   維持会員              15,000円

   普通会員               5,000円

   青年会員(35歳まで)        3,000円

第6条[退会]

 会員が退会を希望する時は、会長宛の退会届を事務局に提出する。

 会費を1年以上滞納した会員には催告状を送り、それでも会費未納の場合は退会したものとみなす。

第7条[会員の資格喪失]

 ユネスコの名称を使って、営利行為、政治活動、宗教活動等を行った者は会員の資格を失う。

第8条[役員]

 本会は次の役員で構成される。

  会長 1名  副会長 2名  常任理事 若干名  理事 若干名  監事 2名

  事務局長 1名

第9条[役員の任期] 

 各役員の任期は2年とする。但し再任を妨げない。

第10条[役員の選出]

 各役員の選出方法は次の通りとする。

 1.理事は総会で選出する。

 2.会長、副会長、常任理事、監事、事務局長は理事会において選出する。

第11条[顧問等]

 本会は理事会の決議を経て、顧問並びに相談役・名誉会長を置くことが出来る。

第12条[役員の職責]

 各役員の職責は次の通りとする。 

 1.会長は本会の最高の責任者として会務を統括する。

 2.副会長は会長を補佐し、会長に事故あるときは、これを代行する。

 3.理事は理事会において、事務その他一般の会務の調整統括の責に任ずる。

 4.常任理事は理事を代表する。

 5.監事は会計を監査する。

 6.事務局長は会の事務をとる。

第13条[決議機関] 

 本会は次の決議機関を置く。

        1 総会  2 理事会  3 常任理事会

 各会議の議長は会長が任命する。

 各会議は委任状を含む出席者の過半数によって成立し、可否同数のときは、議長がこれを決定する。

 各会議の議事録は事務局がこれを作成し、次の会議で承認を得て、これを保管する。

第14条[総会]

 総会は予算・決算・事業計画・事業報告などの審議とその承認、理事の選出、会則の変更など重要案件に関する最高の議決機関であり、毎年1回会長がこれを招集する。但し会長が必要と認めたときには臨時にこれを招集することが出来る。

第15条[理事会]

 理事会は前記案件の執行に任じ、常任理事会の要請により会長がこれを招集する。

第16条[常任理事会]

 常任理事会は会長、副会長、常任理事、監事、事務局長で構成する。

 常任理事会は事務執行の具体的な協議、並びに決定に任じ、事業遂行の直接責任を負うものとし、定期的に開催する。

第17条[経費]

 本会の経費は、会費、寄付金、事業益金を以てこれにあてる。

 会計年度は4月1日より翌年3月31日までとする。

第18条[改正]

 本会の会則改正は、常任理事会がこれを発議し、理事会の承認のもと総会で決定する。

第19条[細則]

 本会の目的遂行のため、常任理事会がこれを発議し、理事会の承認のもとに、別に細則を設けることができる。

昭和43年5月改正    昭和47年5月改正

昭和50年4月改正    昭和52年5月改正

平成9年5月改正     令和2年5月改正