ユネスコ英語教室ニューズレター

京都ユネスコ協会は、2020年1月から河原町正面にある「ひと、町、交流館」でも英語教室を毎週金曜日(12:15~13:15)に開講しております。(ただし、コロナ禍の関係で2020年12月から2021年2月末までは休講) 受講生の英語学習の目的は、「少しでも京都のことが英語で説明できるようになりたい」とのことですから、レッスンでは「英語でおもてなしin English」(京都新聞出版センター)を主に利用しています。このテキストでは日本人が外国人旅行者にガイドする形式になっていますが、その説明の中に重要な表現、役に立つ単語、イディオム、重要構文などがちりばめられていますので、それらの音読練習、置き換え練習、ロール・プレイング、ディクテイション(書き取り練習)などなどを行います。また、当然のことですが、必要に応じて文法的な説明や関連表現の紹介なども行います。

2月以降再開しているかどうか、ご関心をお持ちの方は「ひと、町、交流館」(Tel. 075-354-8714)に直接お問い合わせください。

次に数名の受講生が感想文を書いてくださったので、ご紹介します。

   

 いつも前田久夫先生のユーモアに満ちたEnglish Lessonを楽しませてもらっています。いまは日本における世界遺産などを外国の人たちに説明できるよう学習していますが、このさき外国における世界遺産や文化についても知ることができたらと思います。先生との楽しい英語学習によって世界の人たちと文化交流ができるようになる、そう思うだけで夢がふくらんでくるような気持ちになります。(T.A.さん)

     前田先生にはユーモアも交え熱心なご指導を頂き、有難うございます。1時間の授業もあっという間に過ぎてしまします。生徒達とも和気あいあいと楽しい時間を過ごすことができ、毎回楽しみです。(M. Y. さん)

 京都ユネスコ英語教室で、前田先生のご指導をいただき、50代から70代のクラスメートと共に、和気あいあいとした雰囲気で英語を楽しんでいます。今では、AIを使って簡単に英会話ができる時代になりましたが、私は、外国の人々と直接コミュニケーションをとりたいと思っています。まだまだ努力不足で未熟ではありますが、クラスの皆さまと共に、楽しく英語を頑張っていきたいと思っています。 (K. N. さん)

 レッスンの最初はいつも先生の身近なお話を英語でしてくださり、バスの中や道中、いろいろなところに英語がいっぱいあることと面白おかしくお話しされる先生に吸い込まれています。京都を案内するテキストから英語の表現や使い方を習い、また京都の歴史にも触れ、興味深い時間があっという間に過ぎていきます。先生もメンバーも、和気藹々としていて、1週間のこの日は、私なりに英語脳になり、賢くなった気分で嬉しい一日を過ごしています。(J. O.さん)

 75歳の受講生です。先生の巧みな英会話と皆様の話される(in English?)豊富な話題のお陰で、毎回楽しい時間を過ごしており ます。日本語を交えての気楽な英会話講座ですが、内容は充実しています。特に、先生が読まれる英語を書き取る(dictation)授業時間は緊張します。英語上達の一つの方法として、何か目標を持つこと、と言われています。私の場合、京都の事を英語で話せるようになることです。今、東山界隈を終わり、嵐山スポットを習っています。1時間はあっという間に過ぎますが、学生時代に戻った気分で、予習、復習をやると効果満点です。(I. Y さん)

 英語の初心者ですが、先生、先輩方に暖かく見守ってい頂き、和やかな雰囲気で楽しいレッスンに感謝しています。京都の名所、東山編、嵐山編と興味深いテーマも魅力です。来年も引き続きよろしくお願いいたします。(K. M. さん)

前の記事

会員の皆様へお知らせ

次の記事

新しい講座の開始