同志社小と京都文教付小の国際平和デー

(京都ユネスコ協会のSDGs協働学習)

江木恵瓔子

9月21日は国際連合の定められた記念日:国際平和デーです。ニューヨークの国連本部では日本国連協会から贈られた釣り鐘が鳴らされ、世界平和を祈ります。

 今年、この日は水曜日に当たります。同志社小学校と京都文教短期大学付属小学校では、水曜日に礼拝を行っています。京都ユネスコ協会は、「SDGs協働学習として、是非に平和を祈る取り組みをして欲しい。」と情報提供をしました。

 結果、同志社小・京都文教付小の有志は、SDGs16(平和と公正)SDGs17(パートナーシップ)に向き合い、平和を祈る礼拝と集いを計画し、校内に広がる活動を繰り広げました。

同志社小では宗教委員の子ども達が先導!

京都文教付小ではボランティア隊の子ども達が先導!

同志社小では、朝の礼拝で宗教の先生から「国際平和デー」のお話を聞き、世界平和を祈りました。それを受けて、昼休みには、5・6年生有志が中庭のチャペルコートに集い、国連旗を背にして、各自の考える平和を読み上げ、チャペルの鐘を鳴らしました。

終わりには、宗教の先生のウクレレに合わせ唱い、楽しく集う子ども達でした。低学年も沢山参加してくれました。

京都文教付小では、ボランティア隊の子どもたちが、全校児童に「世界平和を祈って、世界の国旗を描こう!」と呼びかけました。

みんなが描いた国旗をつなげ、9月21日の礼拝で披露し、世界平和を祈り、四弘誓願を唱和し黙祷しました。校長先生は、四弘誓願の第1句「衆生無辺誓願度」とは、「あゆる生きとし生けるもの、いのちあるもの全てを救う」という意味であるとお話しされ、「自分・周りの人・世界の人々みんなの平和を願うことに通ずる」とまとめて下さいました。

「世界平和」を自分事として捉え、パートナーシップで自分に出来ることをする子ども達の姿を見ることが出来ました。